4586964551
4586964551


 日本の2014年の国防費が約5兆円になる見通しだ。それに対し,韓国は3.58兆円にとどまることが分かった。
 武器の性能差が戦争の勝敗を決める。そのため,世界各国は兵器を更新するための武器購入費を増やす傾向にある。去る2012年、米国のシンクタンクの一つである戦略国際問題研究所(CSIS)の研究結果によると,日本の武器購入費は20%(約1兆円)水準である。これは韓国と似たような水準だ。韓日両国の武器購入費は、似たようなレベルだが、韓国は,独島周辺の領海と領空で活動できる戦力が日本より不足している。

 有事の際、独島に出動する戦力を比較してみると,韓国は東海1艦隊所属の駆逐艦(KDX-1·排水量3000t級)と護衛艦(2000t級)を主力とする艦隊である。対し,日本は舞鶴に駐屯する第3護衛隊隷下の2隻のイージス艦および7隻の駆逐艦である。特に,第3護衛隊群は,ひゅうが級ヘリコプター空母(1万7000t)を配備しており,独島に投入可能な日韓の戦力には絶望的な差がある。
 日本は武器購入費の割合が低いながらも海軍力を着実に増強し,4つの護衛艦隊を維持している。

 自主国防ネットワーク代表は「韓国はこれまで,北朝鮮を考慮して,陸軍を中心に軍を強化した」とし「海軍戦力の増強には,船の建造期間が長いことから,時間がかかる」と述べた。

 一部では「日本は国防費の内,人件費の割合が約40〜50%に達するため,武器購入費は少ない」と分析する。
 特に日本は軍幹部を定年まで雇用する特性上,人件費の割合が45%前後に達し,武器購入費の割合は15〜20%(0.75~1兆円)程度だ。
 これに対し,韓国は人件費の割合が30%前後であり,武器購入費は30%(1.0兆円)である。
 
1.とある韓国人

北朝鮮さえ,北朝鮮さえ居なければ,
われわれだって海上自衛隊並みの戦力を
揃えられる!!

そして,日本と同じ性能の兵器が作れれば,
我々の方が安く作ることができる。

問題は北朝鮮だ。
北朝鮮がある状況で,われわれが海上自衛隊並みの
戦力を揃えるには,国防費を日本の2倍以上にする必要がある。
これは現実的に無理ORZ
だから,日本と張り合うのは,無意味だと言いたい。

2.とある韓国人
北朝鮮と統一したところで,
日本と対等な戦力を保有することは無理でしょ。
北朝鮮がなくなれば,ロシア・中国と接することになる。
ヨーロッパでも,陸上国家のフランス・ドイツが,
お互いにけん制しあったことから,
イギリスの海軍力に勝てなかったようにね。

3.とある韓国人
統一した暁には,中国とは縁を切り,
ロシアと仲良くしたい。

4.とある韓国人
日本の国防費はGDPの1%。
韓国は2.7%。
幸いにも,日本は歳入の40%が国債に依存しているため,
国防費を増やすのが難しい。

5.とある韓国人
昔に比べて,差は縮まった!

6.とある韓国人
そうだね。
80年代後半,日本の国防費はGDPの1%だったけど,
韓国の3倍以上あった。

7.とある韓国人
GDPは,日本が5.9兆円で,韓国が1.2兆円。
日本はすごいなー。

8.とある韓国人
経済規模を考えれば,国防費の大きさは頑張っているよ。
これ以上望めば,韓国が破綻する。

9.とある韓国人
日本のイージス艦あたごの建造費は1500億円。
韓国のイージス艦世宗大王の建造費は1000億円
そして日本の揚陸艦いずもの建造費は1000億円
韓国の毒島二番艦の馬羅島の建造費は6500億円。
日本より少ない費用でも,日本と対等の戦力を持つことができる。

10.とある韓国人
韓国軍の人員は65万に対し,自衛隊の人員は25万。それなのに
人件費は,自衛隊の方が多いのね。

11.とある韓国人
韓国軍は奴隷です。人身売買で売られた奴隷だから,
人件費が安い。

12.とある韓国人
韓国軍の副仕官以上の職業軍人の数だけでも,自衛隊より多いはず。

13.とある韓国人
韓国は,武器輸出を促進すべきだ。
日本はその分野が弱い。
武器輸出を増やし,大量生産によるりコストを削減し,
さらに,共同開発で,開発費を削減する。
そして,多様な研究開発を行い,
兵器の多様性を高めるべきだ。
国防費による投資が小さくても,
民間の防衛関連企業が輸出によって成長できる
社会環境を作り出すべきだ。

14.とある韓国人
防衛費の額面を比較しても無意味だ。
日本の自衛隊員は約25万人。
韓国は職業軍人20万人に,徴兵が45万人(兵長の月給は1万2千円)。
国防費に占める人件費の割合は同程度でしょう。
問題は,兵器の調達体系を効率化し,
日本に対抗できる兵器を開発するかだ。

15.とある韓国人
今の海上戦力で日本に対抗するには沿岸部で非対称戦を挑むしかないですね。

16.とある韓国人
日本の海上戦力は,対潜水艦能力に特化して,アンバランスですからね。
それでも,韓国海軍は海上のアヒルでしょう。
一瞬で死にます。

17.とある韓国人
自衛隊の人員20万の内,幹部は約10万。
バランス悪い。

18.とある韓国人
兵士の給与は1万2千円でも,
兵士の食事等の費用は月8万円だからね。

19.とある韓国人
統一すれば兵力は100万。
それなら日本に勝てる。
 

自衛隊の年齢構成については,問題視されていますね。
曹以上の人数に対して士の数が極端に少ない。
これは,不況の影響で,
自衛隊退役後の就職先に不安な人が,
自衛隊に残ったからでしょうか?

zuhyo3_4_1_05

そして,研究開発費では,韓国に追いつかれていますね。
今の日本の技術的優位は,過去の蓄積やアメリカからの支援があったおかげでしょう。
研究開発費を削減傾向にある日本と,増加させている中韓。
このままでは,日本の軍事技術の優位性を失う可能性がありますね。

001


002