Sevmash-yasen


 ロシアのテレビは,ロシア連邦海軍が,第855計画ヤーセン型原子力攻撃潜水艦を受け取ったと報じた。
ヤーセン型の1番艦となるK-560セヴェロドヴィンスクの建造はソ連が崩壊(ソヴィエト連邦の崩壊は1991年12月)した直後の1993年にスヴマシュ造船所で開始された。海軍に引き渡されるまでにかかった時間は実に21年である。これは,ロシア経済の停滞により,潜水艦の建造が大幅に遅れていたためだ。因みに,ソヴィエト連邦崩壊以降,ロシアが潜水艦を初めて就役させたのは2013年のことである。
セヴェロドヴィンスクはソヴィエト連邦時代のアクラ型とシエラ型より静穏性・隠密性に優れているとされている。
 
 国営メディアのノーボスチ通信は,セヴェロドヴィンスクは排水量13,800トン,全長119メートル,速力31ノット,潜水可能深度は600メートルと報じた。乗員の数は,32名の士官を含む90名だ。 武装の目玉である対艦巡航ミサイル垂直発射筒(VLS)は、居住区画と原子炉区画の間に8基並べられ, 24発のオーニクス(P-800,NATOコード:SS-N-26)もしくはクラブ(SS-N-27)巡航ミサイルが搭載可能。魚雷発射管は533㎜発射管を8問搭載(従来のソ連海軍原子力潜水艦は650㎜)。頭部のバウ・ソナー・アレイは,本艦で採用された初の次世代型ソナーアレイである。(※1)
 
 現在,これに加え,2艦のヤーセン型が建造中だ。建造中の2隻のカザンと,ノボシビルスクは,設計が近代化された第855M号計画ヤーセンM型として計画が進められている。
 
 ロシア政府はさらに,2015年にヤーセンM型を追加で三隻発注するとみられる。ロシア政府は,最終的に8隻のヤーセン型潜水艦を建造する計画だ(wikiでは6〜10隻との情報もある)。
 
 ロシアはすでにヤーセン型の後継艦の設計を開始しているとロシアメデュアは報じた(※2)。「ロシアの潜水艦は常に進化し続ける」とチルコフ総司令官は語った。
 
 一方で,ロシア海軍は、タイフーン型及びデルタ型の後継となるボレイ型を生産している(※3)。
これまでにボレイ級潜水艦は,3隻が完成し(内2隻は就役)し,4隻目の設計が近代化されたプリンスウラジミールは設計が建設中だ。プリンスウラジミールは,第955Y計画「ボレイ-A」と呼ばれ,弾道ミサイルの搭載数が16基から20基に変更たと言われている(但し,海軍は否定している※4)。
 
(※1)ヤーセン型の特徴は、攻撃型原子力潜水艦に巡航ミサイルを搭載したことである。従来の、ソ連は対艦巡航ミサイル原子力潜水艦と攻撃型原子力潜水艦をそれぞれ配備していたが,ロシアは本型で両者を統合した。艦体はアクラ型原子力潜水艦の派生だが、巡航ミサイルの搭載で若干大きさが増加している。

(※1)ヤーセン型の特徴は、攻撃型原子力潜水艦に巡航ミサイルを搭載したことである。従来の、ソ連は対艦巡航ミサイル原子力潜水艦と攻撃型原子力潜水艦をそれぞれ配備していたが,ロシアは本型で両者を統合した。艦体はアクラ型原子力潜水艦の派生だが、巡航ミサイルの搭載で若干大きさが増加している。
チルコフ総司令官はこれまで続けてきた原潜の建造方式を改め、科学技術の進歩を積極的に反映した建造政策を取るという。具体的には在来型も含め、潜水艦にロボット装備を導入した第5世代の潜水艦建造をセブマッシュなどの造船業界に求めた。詳細は明らかではないが、現在、露海軍潜水艦戦力の中核になりつつある第4世代の『ヤーセン級』(NATO呼称:セベロドビンスク級)攻撃型原潜、『(ボレイ級)』SLBM原潜より潜航速度、攻撃力などで一歩凌駕する事は間違いなさそう。

(※3)ロシアは多様な潜水艦を建造していると煽るような書き方をしているが,ボレイ型は弾道ミサイル潜水艦で,ヤーセン型は,攻撃型原子力潜水艦である。米・中・露・英・仏の核保有国は,両方の弾道ミサイル原子力潜水艦と攻撃型原子力潜水艦の両方を配備している。




347737


347740
2013年8月

347741
2013年8月

347742

2013年8月 

347744
2013年8月

347745
2013年8月

347747
2013年8月

347748
2013年8月

347749
2013年8月

347753
2013年8月

347755
ミサイル発射試験の様子

347756
ミサイル発射試験の様子
 

347764
 
アメリカ人の反応

ロシア人の設計は一流だが,製造は三流。背伸びして,役に立たない整備を積み込んでそう。そして,安月給の乗組員が機密情報を外部に漏らすのを防ぐのに苦労するだろうね。





ロシアの製造技術は決して三流ではない!!ロシアのアクラ型やオスカー型は,素晴らしいぞ。
アルファ型は色々問題があったけど,非常に野心的な設計だ。ロシア人は安全対策もしっかりやるときもあるけど,無茶することもよくある。それが多くの悲劇を産んできたけどね。





ロシアの技術が素晴らしいのは確かかもしれない。しかし,人員の問題は大丈夫か?ロシアの海兵は優秀かもしれないが,月給は64,000円だぜ(※5)。





ソ連の製品は大量生産で低クオリティー。腐敗した役人が横領するのが当たり前で,部品が足りない商品が多かった。
 3隻の空母は,1ケ月航海した,3年ドッグ入り。戦闘機や爆撃機は毎年ゴムを交換しないと直ぐに動かなくなる。それに,戦闘機のエンジンの寿命は短い。アメリカのエンジンの寿命の20分の1しかない。ヘリコプターのエンジンだって寿命がアメリカ製の3分の1だ。





 確かに,ソ連崩壊により,ロシアの産業基盤が崩壊したのは事実だ。しかし,ロシア復活した。ロシアの兵器の質は年々向上している。





 ソ連が空母を持ったのは1970頃だからね。いまだ彼らの空母技術は発展段階だよ。





 ロシアが復活した。この艦を侮ってはいけない。ソ連時代のアルファ型の再来となるかもしれない。





 ロシアの潜水艦が全部沈めばいいのに。中国のも 



ロシア人の反応
1993年に建造開始とか,これはもはやゴミだろ






K-19 のようなことにならない?(※6)
(※6)K-19は火災事故を起こしたことで有名な艦で,この事故は,沈没事故を除いた原潜事故の中で最も多くの犠牲者をだした。また,この艦をもとにした映画も作られている。






潜水艦の建造に巨額の資金を投じるなら,俺に仕事をくれよ!





平和はお金しか買えない!戦争は,飢餓よりもっと悲惨だ。国民を守るために巨額の資金を投じるのはどこ国でも同じだ。






軍事より,宇宙開発を復活させてほしい。






ウクライナではアメリカ・EU連合に後れを取っているが,まだ停戦するには時期尚早だ!






ドプロニ川を上ってウクライナの首都キエフに侵攻だ!






復活したロシア海軍を見たら,ウクライナ人はロシアにひれ伏すだろう!





アメリカの空母に対抗できるのはロシアの原子力潜水艦だけだ。