カンミリ

ミリタリネタまとめ

    カテゴリ:日韓の違い


    ソウル
    (1972年)
    1950年の朝鮮戦争により,国土は焦土と化し,世界最貧国圏になる。
    1960年当時の国民平均所得は80ドル程度であった。
    1961年,パク・クネ大統領の父親のパク・チョンヒがクーデターにより政権を奪取。
    パク・チョンヒ による政府主導の開発政策により,韓国は復活を遂げる。
    1970年代の韓国は,江漢の奇跡により,朝鮮戦争の傷跡から立ち直りつつあった。
    この後,韓国は1990年代中盤まで経済成長を続けた。
     
    001

    002

    004

    006

    007

    008

    009

    015

    018

    東京
    (1972年)
    1945年,太平洋戦争で,東京が焦土となる。同年終戦。GHQの占領下に入る。
    1952年,日本の主権回復。GHQ解散。
    1952~1973年,日本は高度経済成長をとげ,日本人の生活はこの時期に大きく変化した。
    1973年にはGNPは世界第2位となる。
    終戦直後からの日本の復活・発展は世界を驚かせた。
    この復活は「東洋の奇跡(英語だとJapanese miracle)」と呼ばれてる。
    一方で,過度な工業発展により,環境汚染が深刻化した。 
    経済大国として復活した日本の姿をご覧ください。

     101
    102

    104

    105

    107

    108

    111

    112

    北京
    (1972年)
    1949年に国共内戦で,共産党が勝利し,中華人民共和国が中国の支配者となる。
    1950年代に,国内の整備が進みこれから中国は発展すると期待された。
    1966年から,毛沢東が文化大革命を実施。
    中国は暗黒の時代へと入っていた。
    1972年当時は,また文化大革命の真っ最中である。

    201


    202
    203

    204

    215

    218


    220

    221


     
    【【韓国の反応】1972年の東京・北京・ソウルを見てみよう。】の続きを読む

    http://www.ilbe.com/index.php?_filter=search&mid=ilbe&search_target=title&search_keyword=%ED%92%8D%EA%B2%BD&document_srl=2436240011
    ソウル・仁川(1948-1949)
    0c34e0329fe723cf93d87982759183c0

    0e206935e5e240316581abe0c0fc6c96

    0ed482021296f970772247639b1f1ae2

    1d59ad478734e5401c6cb05b6ec2ef89

    99b9eda4f88be895f0dd1e09889915cf

    99ba83f9996fecb836fc9bc8b4be4c50

    213ce4b94c03306ab5a54333c2af3396

    239da9a3980a53aad074c1c406c5964d

    930b9cd901974805368185b7b704be9c

    1796e6cb8535ea02174fb2d4d4a8fdf2

    78429b9a941fbbd6eeaa26e6c7d7391d

    96084438bac50f142d47ad3eefd8b637

    a3125b3d7666412e58cc3f481a2aa8e8

    a73734b2f6ebde47bdd17190c60b0bec

    b57c20cc49655a62a4438219dbfaa45c

    c4fb534e1ddae8eb868625c0898bd1a3

    d94c30a208c3f766be7780b134aed5b3

    d565c4cc3240f2867c5181643f35f020

    dae9f41342a8c022e295eb8b77d62660

    a713caf1f33ce457b4391b650c94bc4b

    東京・仙台
    (1948-1949) 
    950401c22b4aa79bbaa55dc722415d98

    f9882530e87f0702b0289ef8e3627b16

    c9edf73cdd896e23737904dedd5be059

    cb62b51f271dc8a9a9af0bba4c190a6d
    c3b80098baff794a35e6a0511b8b8ebe

    001

    002

    003

    004

    005

    006

    008

    009

    010

    012

    013

    014

    016

    017

    018

    019

    020

    北京・上海
    (1945-1947)
    001

    003

    004

    006

    008

    009

    010

    011

    012

    014

    015

    018

    019

    020

    021

    022

    023

    024






     



    【第二次世界大戦後の日・中・韓の都市の様子を比較してみよう。】の続きを読む


    4586964551
    4586964551


     日本の2014年の国防費が約5兆円になる見通しだ。それに対し,韓国は3.58兆円にとどまることが分かった。
     武器の性能差が戦争の勝敗を決める。そのため,世界各国は兵器を更新するための武器購入費を増やす傾向にある。去る2012年、米国のシンクタンクの一つである戦略国際問題研究所(CSIS)の研究結果によると,日本の武器購入費は20%(約1兆円)水準である。これは韓国と似たような水準だ。韓日両国の武器購入費は、似たようなレベルだが、韓国は,独島周辺の領海と領空で活動できる戦力が日本より不足している。

     有事の際、独島に出動する戦力を比較してみると,韓国は東海1艦隊所属の駆逐艦(KDX-1·排水量3000t級)と護衛艦(2000t級)を主力とする艦隊である。対し,日本は舞鶴に駐屯する第3護衛隊隷下の2隻のイージス艦および7隻の駆逐艦である。特に,第3護衛隊群は,ひゅうが級ヘリコプター空母(1万7000t)を配備しており,独島に投入可能な日韓の戦力には絶望的な差がある。
     日本は武器購入費の割合が低いながらも海軍力を着実に増強し,4つの護衛艦隊を維持している。

     自主国防ネットワーク代表は「韓国はこれまで,北朝鮮を考慮して,陸軍を中心に軍を強化した」とし「海軍戦力の増強には,船の建造期間が長いことから,時間がかかる」と述べた。

     一部では「日本は国防費の内,人件費の割合が約40〜50%に達するため,武器購入費は少ない」と分析する。
     特に日本は軍幹部を定年まで雇用する特性上,人件費の割合が45%前後に達し,武器購入費の割合は15〜20%(0.75~1兆円)程度だ。
     これに対し,韓国は人件費の割合が30%前後であり,武器購入費は30%(1.0兆円)である。
      【【韓国の反応】日韓の防衛費比較「防衛費の内容は,人件費が高い日本より,韓国の方が効率的だ!!!」】の続きを読む

    要望があったので翻訳しました
    http://bemil.chosun.com/nbrd/gallery/view.html?b_bbs_id=10044&num=182150
     日韓のミリオタの違いは,大変興味あるテーマで,韓国人が日本のミリオタをどう思っているのかが分かって面白い記事です。しかし,コメントは日韓の政治問題のせいで荒れていて残念でした。
     
     彼らは,徴兵制で軍隊経験を受けていて,銃等の軍の装備を触って知識がある分だけ,韓国軍の不祥事や兵器の欠陥が許せないのでしょうね。
     反対に,日本では兵器の性能は数値的なスペックだでしかすることもできない事も事実ですね。
     

    1.<   `∀´>とある韓国人
    日本のミリオタと対話して,感じた点です。

    日本側のブログにも機械翻訳で投稿しました。
    これは,昨年の文章です。

    ミリタリーマニア 日本と韓国の違い

     日本と韓国では環境が大きく違うため,日本と韓国のミリオタの考え方は,大きく違います。
     以下に挙げることは,私個人が思い付いたことです。他の(ミリオタの)方々はどう思いますか?

    韓国
     韓国は,”北朝鮮”と戦争中の国で,隣に敵国が存在する危険な地域です。
    だから,男性は満19歳で,徴兵され軍に入隊します。
    男性の90%は軍事教育を受けています。
    実際,韓国のミリオタの50%以上が軍事教育を受けた人々です。
    (男性の90%が軍事訓練を受けていて,ミリオタは50%しか軍事訓練を受けていないのはなぜか?
     ミリオタの過半数は18歳以下?それとも女性?)

     
     そのため,韓国の若者は,韓国や周辺国の兵器に非常に敏感です。
    これは,兵器の性能差が,実際に自分たちの脅威になると身をもって感じているからです。
    韓国の国土,そして自分の身を守るために,自分達の使う兵器や,自分達の国を脅かす兵器について知りたいと思うのは当然です。

     だから,韓国人は見た目より,実用性を重視します。
    (特に調達価格と維持費,技術移転・整備性,運用上の問題等)





    日本
     日本は,他国からの脅威を感じない平和な国です(しかし,最近は,中国と北朝鮮がちょっかいを出してます)。

     軍隊がない代わりに自衛隊が存在します。
    自衛隊は志願制で,いわゆる職業の一つです。 
    日本のミリオタのなかで実地的な軍事教練を受けた人はごく少数です
    (日本に軍事教育はありません!)

     そのためか,日本のミリオタは,実用的な性能より,「見た目」を重視します。
    自国の兵器の保有数や価格,そして導入された最先端技術がどうであるかに関心を持ちます。

    結論
    韓国のミリオタは,脅威から身を守る必要性に迫られ実用性重視
     
    日本のミリオタは,遊びとおしゃれ感覚で,見た目を重視


    (韓国:<; `Д´>隣は北朝鮮。韓国では脅威がすぐそこにあるニダ)
    20130831112902

    (韓国:<; `Д´>韓国では多くの男性が軍事教育を受けているニダ)
    20130831112906



    (日本:<; `Д´>日本人は,遊び感覚ニダ)
    20130831112817

    (日本:<; `Д´>日本人はミリタリをおしゃれと勘違いしてるニダ)
    20130831112841

    今,思うのだけど,日本は,国産兵器の自画自賛が多くいよね。
    この点は治らないのかな <-_-;>

    そのため,韓国と違い,日本では,国産の兵器やシステムに対して無批判。

    また,兵器の価格や保守・整備性がいまいちだったり,企業間の競争がない為,兵器の性能改善が遅かったりする。


     


     


     
    【【韓国の反応】韓国人からみた日韓のミリオタの違い<; `Д´>「日本人は軍に妄想を抱き過ぎ」】の続きを読む

    このページのトップヘ