カンミリ

ミリタリネタまとめ

    カテゴリ:航空機


     先月の古い記事ですが気になったので翻訳しました。

    Chinese Fighters Intercept Japanese Surveillance Planesより

    2014年5月27日

     日中両国の防衛当局者が,東シナ海上で,2014年5月26日,中国の戦闘機2機が日本の哨戒機2機に異常
    接近したことを明らかにした。中国機は日本機の約50メートル以内にまで近づいたとのことである。


     中国人民解放軍に所属の2機のSu-27戦闘機が,東シナ海の尖閣諸島近くを飛行していた自衛隊所属のP-3C偵察機及びYS-11EB電子偵察機航空機を捕捉した。

     
     中国と日本とは東シナ海の島嶼部のことで対立している。なぜなら,その海域には,莫大な石油資源があると言われているからだ。この島嶼部は日本では尖閣諸島,中国では釣魚島と呼ばれている。

     
     2013年11月,中国は,島嶼部への影響力を強固にするために,島の上空を含む空域を飛行禁止空域いにすると宣言した。これを受け,米国は中国への事前通知なしにB-52爆撃機を中国の防空識別圏内へ派遣した。しかし,米国のパイロットは,その空域で,中国に自機の位置を通知していたと述べた。

     中国の戦闘機が迎撃に上がったのは,中国の防空識別圏が宣言されて以来,初めてのケースである。

     中国の国営メディアは,Su-27戦闘機は,第七航空師団に所属する戦闘機だと伝えた。

     SU-27

    【中国の戦闘機が日本機に異常接近【アメリカ人の反応】】の続きを読む


    http://www.ilbe.com/2591095258

    1.とある韓国人
    今日はP-1について勉強しよう

    73107af2ff1c2f39d7de8c894e1bd1b9

    これがP-1哨戒機だ。日本の川崎重工が開発した哨戒機で,潜水艦を狩る飛行機だ。
    日本の対潜水艦作戦能力は,アメリカに次いで世界第2位で,
    この哨戒機を開発したことにより変態的に高くなった。

    fead6f5ef2775bbbd84516ba098d2c1f

    これまで,日本の潜水艦哨戒任務を支えてきたのは,
    アメリカから導入したP-3C哨戒機だ。
    日本は,この機体を,米国に次いで多く保有している。
    ライセンス生産で100機以上生産した。
    現在でも90機前後が残っている。

    0f2e3a498bd66ca8be37d7f9758325ae

    これは,大韓民国のP-3だ。韓国海軍は,合計16機の同機を保有している。

    韓国海軍が保有するのはA型。日本の保有するC型とは違う。
    日本は韓国海軍の保有するP-3より高性能の同機を保有する。
    そして保有数は韓国海軍の5倍だ。

    さらに,日本はP-1まで開発した。
    日本と韓国の対潜能力の差は絶望的だ。

    と,韓国の話で横にそれてしまった。
    日本がP-1を開発したのは,P-3Cの老朽化と,中国海軍の潜水艦の脅威に備えてである。

    2000年にP-3Cの後継機開発を決定
    2001年に川崎重工業と契約。
    これまでに,哨戒機の国産派とアメリカから次期哨戒機導入で対立があった。
    2002年にアメリカとP-1に搭載する電子機器の共同研究を開始。
    2004年に日本のIHIがP-1に搭載するためのXF7-10エンジンの開発を開始。
    562c30613674583b15550ede24e44b2e

    2005年に富士重工業がP-1の主翼の作成を開始。
    2006年に電子機器の米国との共同研究を完了。
          その後,国産電子機器の開発に乗り出す。

    2007年8月28日,初飛行に成功
    dd6785ca99751a0b68aa5b222b6e2b8a

    2e8d1e554348819c9c623382afa1c9ed

    同年,米国でXF-10エンジンの試験を実施。

    7f3a91a4405ced68ed0a7741c5f9bc69

    7954441b0b9313e6e89cb8874c3fa831

    2008年に2号機の試験飛行に成功。
    2011年からの配備を計画していが,
    2011年に強度テストで主翼の一部に亀裂が発見される。
    そのため,配備が2012年まで遅れる。
    現在合計で5機前後が配備されている。

    http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=100&oid=277&aid=0002963933
    ▲2013年3月27日アジア経済ニュース

    日米の専門家はP-1の性能はアメリカのP-8に匹敵すると考えている。

    6561477feae24942446199c8b891a6c9

    B737をベースに開発された哨戒機。現在,インドが購入し,配備されている。
    また,中国をけん制するために,日本に4機配備されている。
    現在,実戦配備されている中で最強の哨戒機と評価されている。

    ffaed402b29b594fc27eabec167bcd9f

    左がP-8,右がP-1です。P-1のエンジンが四発なのは,
    日本の技術力不足で,高出力エンジンが作れなかったからではなく,
    気象条件が悪くても,亜音速で安定して飛行するためには,
    4発あったほうが安定すると防衛省が判断したからだそうです。

    日本はP-1の開発に2000以上の企業がかかわっている。
    そして,今後70機以上調達し,P-3Cと代替する計画です。

    緒言
    乗組員:パイロット2人を含む計13人
    長さ:38m
    幅:35.4m
    高さ:12.1m
    最大離陸重量:79.7t
    エンジン:ihi xf7-10 4個
    最大速度:833km
    最大航続距離:約8000km
    最大上昇高度:13.520km
    武装:9t以上

    4e3aa7847ce2ec7cba2bd81167841aa6


    802a3c77021cee03ba6d16e461089a04


    193660e7398d629e25602ca129395be9
    左のはC-2輸送機です。

    一行で要約すると
    1.うらやましい


    【【韓国の反応】P-1について調べてみた。】の続きを読む

    このページのトップヘ