カンミリ

ミリタリネタまとめ

    カテゴリ:中国


     先月の古い記事ですが気になったので翻訳しました。

    Chinese Fighters Intercept Japanese Surveillance Planesより

    2014年5月27日

     日中両国の防衛当局者が,東シナ海上で,2014年5月26日,中国の戦闘機2機が日本の哨戒機2機に異常
    接近したことを明らかにした。中国機は日本機の約50メートル以内にまで近づいたとのことである。


     中国人民解放軍に所属の2機のSu-27戦闘機が,東シナ海の尖閣諸島近くを飛行していた自衛隊所属のP-3C偵察機及びYS-11EB電子偵察機航空機を捕捉した。

     
     中国と日本とは東シナ海の島嶼部のことで対立している。なぜなら,その海域には,莫大な石油資源があると言われているからだ。この島嶼部は日本では尖閣諸島,中国では釣魚島と呼ばれている。

     
     2013年11月,中国は,島嶼部への影響力を強固にするために,島の上空を含む空域を飛行禁止空域いにすると宣言した。これを受け,米国は中国への事前通知なしにB-52爆撃機を中国の防空識別圏内へ派遣した。しかし,米国のパイロットは,その空域で,中国に自機の位置を通知していたと述べた。

     中国の戦闘機が迎撃に上がったのは,中国の防空識別圏が宣言されて以来,初めてのケースである。

     中国の国営メディアは,Su-27戦闘機は,第七航空師団に所属する戦闘機だと伝えた。

     SU-27

    【中国の戦闘機が日本機に異常接近【アメリカ人の反応】】の続きを読む

    このページのトップヘ